【③自転車旅】22歳大学生が東京~京都まで自転車で600km走った話(名古屋~京都編)

ライフログ

さて、遂にこの自転車旅の最終日が来た。ここまでくれば京都までもうすぐだ。

出発する前に一度観光してみたかった名古屋城へ向かう。

名古屋城を観光

ホテルから20分程で到着。

「ほう、ここが名古屋城か」と知ったかぶったのを今でも覚えている。

入場料を払って中に入り城内を一周した。金の鯱の写真は思ったより大きかった。

お城の風情やてっぺんからの眺めもよかったが、

「ここまで自転車で来た!!」

という、達成感が他のすべての感情を押しつぶした。

ここで長居する時間はそれほど無いと思い、京都へ再出発する。

名古屋城から鈴鹿峠(三重県)へ

名古屋城を出発してひたすら南下。国道一号線に入り、三重県を目指す。

今更で当たり前のことだが初めて通る道は景色が新鮮で気持ちがいい。

桑名市、四日市市、鈴鹿市を通る。

鈴鹿市は鈴鹿サーキットで有名な山岳地帯で登りがガチできつかった。

しかし、山道の大自然を走り抜けるのはとても気持ちがいい。

山を抜けた後の下り坂はスピードがとんでもなく出るから注意が必要。

こけたら骨折は確実であろうスピードでした。

↑鈴鹿峠で記念撮影。

鈴鹿峠から京都へ!

鈴鹿峠を駆け抜けて滋賀県甲賀市に入った。

道が綺麗で走りやすかったことを今でも覚えている。

こあともう少しで京都に着くことを思うと、寂しい気持ちが沸いてきた。

琵琶湖を横目にさらに進んで遂に京都に入ったが、こんな感情が沸く。

「到着したくない、この旅を終わらせたくない。」

そこでとあるお店を僕は目にするのだ。

京都のブックオフへお邪魔する

BOOKOFF 京都山科西野店

そう、道路の傍らにBOOKOFFがあることに気付いたのだ。

そして、僕の頭の中でこんな言葉が通り過ぎる。

「京都のBOOKOFFはどんなお店なんだろう」

僕は昔から好奇心が人一倍強い自覚があり、この探求心を我慢することができなかった。

入ってみた感想は東京と変わらんかった…。

立ち寄ったBOOKOFFはここ:https://www.bookoff.co.jp/shop/shop20242.html

遂に京都タワーに到着!

BOOKOFFを後にして京都タワーに到着。

東京から京都まで自転車で来たという嬉しさと旅が終わってしまった寂しさが混じったカオスな感情であった。なぜか疲れは吹っ飛んでいた。おそらくランナーズハイになっていたのかもしれない。

まとめ(三日間)

アプリ(Runtastic)で記録した三日間の軌跡を載せておく。

道中、回線が切れてしまったり道に迷ったこともあるので実際には600kmほど走っているはず。

最大速度もバグがある模様。最大速度が103.4kmは流石にありえない(笑)

  • 総日数 3日間
  • 走った総時間 約42時間
  • 走行距離 約600km

上記の通り、ロードバイクがド素人の僕でもできた。

このブログを読むことで、貴方自身がロードバイクで長距離走ってみようという気持ちの応援になってくれたら、僕は嬉しいです。

途中でトラブルが起きる可能性はもちろんありますが、そのトラブルを乗り越えた先に、そして目的地に到着した貴方はとてつもない成長を遂げているはずです。

ぜひ一度挑戦してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました